毎年四苦八苦のクリスマスプレゼント

我が家は毎年クリスマスプレゼントに四苦八苦していました。
それでも少々疑い深くなり、お母さんたちがサンタなんでしょうなんて聞かれることもありましたが、
信じてる人のところにサンタさんは来るんだよと言っていました。
なので中学生1年生くらいまで上の子は半信半疑ながら信じていたようです。

しかし一番困ったのは何をプレゼントに欲しいかというのを聞きだすことでした。
なにをお願いするのときいても内緒としか言わないし、
早く頼まなきゃサンタさんも困るんだよなんていってもお構いなし。

クリスマスのプレゼントはとにかく、欲しいプレゼントを聞きだすことに苦労しました。
もうひとつは少々大きなプレゼントを買った時などは置く場所に困りました。

我が家は小さいマンションなので、どこへ隠したらいいか。
これも一度車の荷台なら見ることもないだろうと隠しておいたら、子供がなぜか後部座席の後ろの荷台を除いて、これなになんて言ったこともありました。きっと何か嗅ぎつける力があるんだとおちおちその辺に隠せないなと思いました。クリスマスプレゼントはそのようにとても苦労が多いプレゼントでした。今は子供たちも大きくなり、そのような苦労はなくなりましたが、今ではその苦労もいい思い出です。クリスマスプレゼントはサンタの存在を信じている子供たちにはとても夢のあるプレゼント、そして大きくなってからのクリスマスプレゼントは一年間のご褒美といったところでしょうか。”

わたしはサンタ

私はクリスマスが大好き。
子供の頃からどの行事よりも大好きだった。

街中がクリスマスで、家の中にもクリスマスツリー。
必ずおいしい料理を食べて、朝起きるとサンタさんからのプレゼントがきちんと置いてある。

どうして、サンタさんは私の欲しいものがわかったのだろう?サンタさんは、凄い。

大人になった今、その疑問は晴れたけれど、私は年中サンタさん、夏を過ぎたら本格的にサンタ活動を開始する。

私は人にプレゼントをあげるのが大好き。

自分はいらない。

本当に自分はもらえなくても何とも思わない。
それよりも、相手の喜ぶ顔、驚く顔、が好き。

そう、だから私は多分、“志願して”「サンタさん」になった。

一年中、友人と話している時、家族とテレビを見ている時、同僚が他の人と話をしている時、私は意識を集中させる。

「あー、これ、おいしそうだね。」(え、どれどれ?)「それ、使いやすそうだよね。」(なるほど)「欲しいなあー。」(わかった!)こんな風に。記憶に留める。ずーっと覚えている。(ちょっと怖い?)そして、待望のクリスマスシーズンを迎える。
サンタらしい記憶力を頼りに、友人、母、同僚、と、今年一年お世話になった人たちを順に思い出していく。

投稿日:
カテゴリー: 行事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です