小林さんちのメイドラゴンを見て思ったこと

「じゃあトールが悪いとは思わない。お前はきっかけをすり替えただけだ!」
トールの父:「あってはならないことではない!」
小林は目を強くして、「俺に関係ない!」と叫んだ。

トールの父は驚いて言いました。
「どうしてこんなにトールに執着するの。あなたはトールのことが好きなの?人間のあなた。信じられない」
小林さんは「そうですか。トールはいい子だね。明るく活発な性格で、うつになる時もありますが、笑顔で覆い隠します」
小林さんはトールさんの手をつかんで大声で叫びました。

「彼女はメイドなんだよ。わかるか、私のメイドを連れて行くな。彼女は私のだ!」
トールは目に含んだ涙の玉を残して、この時、彼女は自分が欲しいことを知って、選択をして、それは小林と永遠に一緒にいることです
トールの父は怒り、小林を攻撃しようとする。

トールは結界を展開して小林を保護する。
トールの父はトールの考えを理解し、異空間を展開して異空間でタルと格闘しようとする。

トールは小林を見て涙を浮かべ、微笑みを浮かべながら小林を見て、手を離して異空間に飛び去った。
異空間でトールと父親が戦い、全力で攻撃しようとしたところに小林が駆けつけ、戦いを阻止し、トールの父親に彼女の思いを伝える。
トールの父親は、「おまえは本気で彼女と共存していこうとしているのか」と驚いた。

小林「考えてない!その時間を信じられるかどうかだけで、私たちはできているのです。
信じます!信じますか!あなたの娘を信じてください!」
トールの父は小林の言叶に心を動かされ、人間を認めないと言いながらもトールを残し、自分の世界に帰っていった。
トールは早足で走って小林さんに飛びかかり、小林さんの胸にうつぶせになって泣きました。

「どう恩返しすればいいかわからない。すべて、私のすべてをあなたに捧げます。」
小林「そんなのいらない!」
この事件を経て、小林とトールはもう一歩も相手を離させたくない。友達、恋人の関系を超えて、彼女たちの気持ちは誰にも断ち切れない。

日が変わって、すべてが普通に戻って、小林は実家に帰りたいと思って、同時に彼女もトールを連れて帰って、彼女はもうトールを彼女から離れたくないです。
トールと小林は一生の相談役だ。
トールのこの時の内心:私は小林と一緒に年を取ることができません
いつか別れの日が来る

それでも、小林さんに会わなかったらどうなるかなんて、絶対に考えない
目の前の時間だけを大切にすればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です